ブログが「初めての副業」には向かない3つの理由

在宅ワーク

こんにちはめいです。Webライティングを3年くらい続けていて、最近ブログを始めました。

それで切実に思うのですが、ブログは「初めての副業」には向いていないです。いくつか副業を経験して、「副業ってこんな感じか」という感覚がついてからブログを始めるのはいいと思います。

しかし、いきなりブログを始めてしまうと挫折する確率が高いと思います。

初めての副業で何を選ぶかはとても重要です。初めての副業が上手くいけば「副業わりといける!」となって他のものにも挑戦しようと思えます。

でも、初めての副業でうまくいかないと「やっぱ副業って難しいんだ・・・」となって他の副業にもチャレンジしなくなってしまいます。

初めての副業は、「少額でいいので自分で稼ぐ経験」ができるものがいいです。

なお、この記事の最後には初めて副業をやる方におすすめな副業を紹介しています。ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

ブログが副業初心者には向いていない理由

スポンサーリンク

初心者に向かない理由① ブログは収益化までに壁が多い

「ブログは誰でもできる」

こう言われることも多いですが、私はそうは思いません。

稼いだお金が自分の手元に来るまでにかなり壁が多いからです。

壁① 独自ドメインやレンタルサーバーを借りる

壁② ワードプレスをダウンロードする

本格的にブログをやるなら以上の作業は必須ですが、ここまでで脱落する人も結構いるのではないでしょうか。

私もわからないことだらけで大変でした。

その後も壁は続きます。

壁③ 1500文字程度の記事を10記事は書く

壁④ アドセンスに合格する

Twitterなどで見ていると、アドセンスで何回も落ちている人もいます

ブログで稼ぐには以上の工程は必須なのですが、ここまででかなりの人が脱落していると考えられます。

ちなみに、ブログやサロンで大成功している山本りゅうけんさんも「ブログは高学歴の副業」と言っています。

初心者に向かない理由② ブログ運営には必要な知識が多い

ブログ運営にはいろいろな知識が必要になってきます。

・ブログを運営するwebリテラシー

・文章力

・どう収益化させるかを考えるマーケティング力

・データを分析する分析力

こんな感じで、ブログを運営する上ではいろいろな知識を吸収して活用しないといけません。初めての副業としては守備範囲が広すぎです。

初心者に向かない理由③ブログはグーグルの変更が多い

ブログはグーグルに翻弄されます(笑)

例えば少し前にYMYLアップデートがありました。

お金や健康に関するサイトは、専門家のサイトが上位に表示されるようになるというアップデートです。

これによって、医療などの分野では病院のサイトや専門家の運営しているサイトが上位を独占し、個人のブログは全く表示されなくなりました。

例えばそれまで自分の闘病記などをブログにして収入を得ていた人は、これでかなり収益が減少したはずです。

また、今後はSSL化していないコンテンツは検索から外されるそうです。こういったアップデートが頻繁に行われるため、ブログを運営するなら変更に柔軟に対応できないと難しいです。

初めての副業に向いているのはライティング

では初めての副業に向いているのは何なのでしょうか。

私はライティングをおすすめします。

最初の副業にライティングが向いている理由は以下の通り

・文章を書くことに専念できる

・即金性が高い

・初期投資がいらない

ライティングの仕事は、web運営者(クライアント)から文章の作成のみを請け負って文章を書く仕事です。

ブログと大きく違うところは、文章の作成に専念できる点です。収益化やマーケティングのことなんか考えず、とにかく文章を作成するだけでお金になります。

また、ブログは載せた広告が成約しないと報酬がもらえません、しかしライティングは3000文字の記事を1本書いて3000円など、報酬が決まっています。なので、やればやるだけ報酬になるのです。

副業でライティングを始めるなら、クラウドワークスに登録するのが一番速いです。仕事量がとにかく豊富で未経験でも仕事を受注することができます。

登録は無料です。

マニュアルや修正などを通して、読みやすい文章の書き方を学ぶこともできます。お金をもらいながら文章力を鍛えることもできます。ライターとしてどんどんスキルアップできますし、そこから自分のブログを立ち上げてもいいです。

ちなみに、アフィリエイターのクロネコ屋さんも以下のように書いています。

Webライターからのブロガーはかなりアリです。

コメント