【クラウドワークス】webライターになるのに適性はいらない話

在宅ワーク

こんにちはめいです。3年ほどクラウドワークスでwebライターをやっています。月に最大で10万円くらいの収入があります。

Webライターをやってみようかなと思っているあなた。本当に自分にできるだろうかと不安に思っている方も多いでしょう。

自分は向いていないのではないか?

適性がないと稼げないんじゃないか?

こんな不安があると思います。

今日は、webライターに適性は必要なのかについて解説していきたいと思います。

スポンサーリンク

適性は関係ないけど、稼げる額が変わってくる

Webライターなんて誰でもできると言われることがありますが、その通りだと思います。Webライターになるだけなら、適性はあまり関係ないです。

もっと正確に言うと

Webライターになるのに適性は関係ないけど、Webライターに向いている性格というのはいくつかあって、それをどのくらい兼ね備えているかによって収入が変わって来る

となります。

つまり、

適性が低い人でも3万円くらいは稼げる

適性が高ければ専業になれる

というような感じです。

以下、こういう適性があればこのくらい稼げるよというのを紹介していきます。

一番大切なのは、継続する力

適性は関係ないと書いたのですが、唯一必要な適性としては

継続力がある

というところです。

最初は稼げないし、手順などがわからなかったりで「こんなはずじゃなかった」と思うことも多いです。それでもめげずにやる継続力がないと3万円とかも難しいと思います。

3~5万円稼ぐための適性

3~5万円稼ぐための適性は以下の通り

最低限のメディアリテラシー

文章を書くのが嫌いではない

読み手を想像できる力

最低限のメディアリテラシー

クラウドワークスやランサーズに登録できるとか、画像URLのコピペができるとかそういったレベルのリテラシーです。

アルバイトに応募したり、好きな画像をシェアしたりする手順とあまり変わらないので、そういうことができればOKです。

パソコンをここ数年触っていなかったりする場合はちょっと厳しいです。スマホでできる仕事もあることはあります。しかし数が少ないですし、スマホでやるよりパソコンでやる方が手間がかかりません。

文章を書くのが嫌いではない

文章を書くのが好きでなくてもいいのですが、嫌いだと大変です。Webライターはある程度まとまった量の文章(3000文字くらい)を書かないといけないので、400字詰め原稿用紙を埋めるのも大変だったという方は苦労します。

そういった場合はwebライター以外の仕事を受注するのがいいです。クラウドワークスやランサーズにはデータ入力やリサーチなど、ライター以外の仕事も大量にあります。

読み手を想像できる力

自分の書いた記事を読む読者を想像する力も必要です。例えば

「乾燥肌さん必見!肌にうるおいを与えてくれる化粧水10選」

こんな記事を書く場合、どういう人が読者か想像ができるでしょうか。ちょっと想像してみてください。

年齢・性別は?

読者が抱えている悩みは?

化粧水にかけられる予算は?

記事を読んで知りたいことは?

こういうことを想像できるようであれば記事も書きやすく、書き直しをさせられることも少ないです。

5~10万円稼ぐための適性

3~5万円の適性に加え、以下の適性が必要です。

時間をやりくりできる力

クライアントとやりとりするコミュニケーション力

時間をやりくりできる力

10万円を狙うようであれば、ある程度の作業時間を確保することが必要です。

目安としては、週20時間程度

平日2時間と休日5時間くらいです。

わりとがっつりやるので、意識して時間をつくらないと無理ですね。

クライアントとやりとりするコミュニケーション力

Webライターはパソコンに向かってやる仕事なのでコミュニケーション力はいらないみたいに考える人がいますが間違っています。

基本的に言葉を交わさずに文字だけでやりとりするので、対面でやりとりをするよりコミュニケーション力が要ると思った方がいいです。

10万円以上稼いで専業になるための適性

10万円までの適性に加え、孤独に耐えられることも必要です。

Webライターとして専業になれるかなれないかは孤独に耐えられるかどうかにかかっていると言えます。

Webライターはパソコン作業なので、誰とも話をしないで進めます。この孤独感に耐えられないと専業は難しいでしょう。

私も専業を目指したことがありますが、孤独に耐えられなくて辞めました。自分としてはどちらかというと孤独が好きだと思っていたので意外でした。

適性は徐々に見えてくるもの

適性は取り組むうちにわかってくるものです。

3000文字なんて絶対書けないと思っていても、いざやってみるとわりと書けてしまったり。

私のように、孤独が好きだと思っていても孤独に耐えられなかったり。

意外とできる、意外とできないというのは、とにかくやってみないとわかりません

できなかったら撤退しても何も損することはないので、まずはクラウドワークスやランサーズに登録してお仕事を受注してみるのをおすすめします。

 

コメント