【クラウドワークス初心者必見!】記事作成の構成と書き方

在宅ワーク

こんにちはめいです。

Webライターとして、いろいろな記事を書けるようになりたい。でも、何かを主張する文章を書くのが苦手・・・

こういった悩みを持っている方は多いようです。

今回は、何かを主張する記事(オピニオン記事)の書き方をご紹介します。

【クラウドワークス初心者必見!】オピニオン記事の構成と書き方

スポンサーリンク

オピニオン記事(なにかを主張する記事)の型

文章には型があります。商品おすすめ記事には商品おすすめ記事の型、オピニオン記事にはオピニオン記事の型があります。

オピニオン記事の型は以下の通りです。

・導入

・主張

・理由・経験談

・反対意見を論破

・最後に読者の行動を促す

それぞれのパートに入れる内容は以下の通り。

導入

・記事を読む人の悩みへの共感

・この記事を読むと悩みが解決されるということ

読者がサイトを訪れるということは、何かしら解決したい悩みがあるからです。

悩みへの共感とは、「その悩みわかるよ~!」と読者に伝えることです。

読者に「この記事は私の悩みをわかってる!」と思わせることができれば、記事を最後まで読んでもらえる確率は上がります。

主張・結論

・記事の主張や結論。その記事で一番伝えたいこと

主張は最初に持ってくる場合が多いです。

でも、記事の内容やクライアントさんの好みによっても主張を最初に持ってくるか最後にするかは変わります。Webライターとして働く場合、マニュアルがあるのでそれを守って記事を書きましょう。

主張・結論の理由・体験談

・結論の理由

・自分の体験談や体験した人のレビューや口コミ

・見聞きしたこと

 

主張したことの理由を述べます。理由に説得力があるかどうかで記事の信頼性が変わってきます。体験談や口コミなどのいわゆる「生の声」を入れることで説得力が増します。

例えばファンデーションを使ったことのない男性が

「乾燥肌にはリキッドファンデーションがいいよ」

と言うのと、毎日ファンデーションを使っている女性が

「乾燥肌にはパウダーファンデーションがいいよ」

と言ったらどちらを信じるでしょうか。

恐らく多くの人が女性の方を選びますよね。

これは、女性の意見の方が「生の声」っぽいからです。

反対意見を論破

・考えられる反対意見に反論

反対意見への反論は入れる場合と入れない場合があります。クライアントさんの指示やマニュアルを読んで判断しましょう。

ただ、想定できる反対意見には反論をしておいた方が説得力が出ます

最後に読者の行動を促す

・結論と理由をおさらいし、読者に行動を促す

Webライターとして何か記事を書く場合、読者の行動を促す記事を書く場合がほとんどです。

・紹介したサイトへの登録

・商品購入

こういった行動をさせるための記事を書くわけです。

そのため、締めは行動を促して終わります

書き方としては、

「○○に登録して、副業の第一歩を踏み出しましょう」

「○○を手に入れて、楽しい節約生活を送りましょう」

みたいな感じです。

構成の例

構成の例として、以下の記事を書く場合の構成を考えてみました。

「iPad初心者にはiPad miniとiPad airのどちらがおすすめ?」

・導入

iPadを使ったことがなかったら、miniとairで迷うのは当然

この記事を読めば、どちらが初心者に向いているかわかる

・主張

初心者ならiPad miniがおすすめ

・理由・経験談

理由①値段が安い

理由②スペック的には変わらない

体験談①両方使ってみたけど、スペック的な違いはなかった

体験談②Amazonのレビューでも、miniの満足度は高い

・反対意見を論破

反対意見①miniだと画面が小さい

→スマホで不自由がないなら大丈夫

反対意見②スマートキーボードが使えない

→スマートキーボードは使えないけど、Bluetoothのキーボードで解決

・最後に読者の行動を促す

iPad miniは値段が安くairとスペックは変わらない

miniでiPadライフを楽しもう。

 

こんな感じでしょうか。

恐らくこれで2000字~5000字くらいのボリュームになる感じです。

クライアントさんの意向に沿う文章を書くのが大切

オピニオン記事の基本は上に書いた通りです。でも、どの記事もこの流れに従って書くわけではありません。

クライアントさんの意向に沿う文章を書くのが最重要です。

例えばクライアントさんの中には、

「主張・理由・まとめだけで1000文字に納めてください」という人もいますし、

「体験談の一環としてTwitterから文脈に合う意見を集めてください」という人もいます。

 

クライアントさんは皆さんそれぞれ「ライターにこういう記事を書いてほしい」というものがありますので、クライアントさんの意向を汲んで記事を書くのが大切です。

コメント

  1. […] […]