【クラウドワークス初心者】「書けない」を「書ける」に変える方法

在宅ワーク

こんにちはめいです。

クラウドワークスでWebライターとして初めて仕事をもらった!うれしいですよね。でも実際書き始めてみると、多くの人が直面するのが「書けない・・・」という状況です。

Webライターの案件は3000文字程度のものが多いです。でも日常で3000文字の作文をする機会ってないですよね。だから書けないのは当たり前といえば当たり前

でも書かないといけないわけです。

今日は「書けない!」を解決する方法をご紹介します。

【クラウドワークス初心者】「書けない」を「書ける」に変える方法

スポンサーリンク

書けない理由を明確にしよう

書けない状況には理由があるわけで、その理由をなくせば書けるようになりますね。

書けない理由は大きく分けて以下のようなものがあります。

・規定の文字数に届かない

・何を書けばいいのかわからない

・どう書けばいいのかわからない

・記号の入れ方など、操作面でわからないことがある

以上の問題の解決法をご紹介していきます。

規定の文字数まで書けないのは構成が甘いから

3000文字かかなければいけないのに2000文字で書き終わってしまった。これ誰でも経験することなのではないでしょうか。

こういう場合は構成が甘いことが多いです。例を出して説明します。

【化粧下地 選び方】という記事を書く場合(2000字)

NG例の構成

・導入

・保湿性で選ぶ

・カバー力で選ぶ

・肌質に合わせて選ぶ

・まとめ

これだとざっくりすぎて文字数が足りなくなる場合が多いです。慣れてくればこのくらいざっくりでも書けますが、初心者のうちはもう少し詳しく構成を作りましょう。

【解決】構成を練る際に文字数も考える

2000文字の案件なのに1500文字くらいで書けなくなってしまう場合は構成を練り直した方がいいです。

構成には以下の内容を盛り込みます。

・そのパートで書く内容

・そのパートに使う文字数

上のNG例をなおすとこんな感じになります。

OK例

・導入

  下地選びって難しいよねという共感(100字)

  下地選びの重要性(200字)

・保湿性で選ぶ

  乾燥しやすい季節は保湿性が高いもの(250字)

  湿度の高い季節はさらっとしたもの(250字)

・カバー力で選ぶ

   しっかりメイクの時はカバー力の強いもの(250字)

   毎日メイクは自然なもの(250字)

・肌質に合わせて選ぶ

  乾燥しやすい人は保湿効果の高いもの(250字)

  敏感肌の人は敏感肌用(250文字)

・まとめ (200字)

とりあえずこんな感じで構成を考えます。

1つの内容に対して文字数が250文字くらいが書きやすいです。400文字を超えるようであれば2つに分割した方がいいですね。

上の例でも

・肌質に合わせて選ぶ

  乾燥しやすい人は保湿効果の高いもの(250字)

  敏感肌の人は敏感肌用(250文字)

 

というように、「肌質に合わせて選ぶ」という項目で500文字書きたいところを、250字×2に分けています。

【解決②】例などを増やして文字数を稼ぐ

2000文字の案件で、もうすでに1800文字書いたけどあと200文字どうしても書けない。

こういった場合は挿入文で文字数を稼ぎましょう。文章の流れを変えずに挿入しやすいのは

・例文

・体験談

・具体例

です。

これらを入れることによって、200文字くらいすぐ稼げます。例文と具体例を入れれば400字稼げます。

何を書けばいいかわからないのは想定読者があいまいだから

何を書けばいいのかわからないのは、想定読者があいまいだからです。

たとえば「パワハラ」というキーワードで記事を書くよう指示されたとします。

これだと以下のような読者を想定できます。

・パワハラに気をつけたい中間管理職の人(中年)

・パワハラ上司に悩んでいる新人(若者)

どちらに向けて記事を書くかで内容も変わってきます。若者を対象としたメディアで記事を書くなら後者でしょうし、中年の人をターゲットにしているメディアなら前者です。

タイトルをクライアントさんが決めてくれる案件で、

「実はパワハラ?部下と関わる時に注意したい3のポイント」

というタイトルだったら、中年の中間管理職が読者なんだなとわかります。

【解決】読者を想定して、その人の相談に乗るような感じで構成を作る

想定読者をペルソナといいます。

ペルソナがわからない場合はクライアントさんに聞いてみましょう。

ペルソナがわかったら、ペルソナが知りたい情報を想定してみます。

親しい人から、記事の内容についての相談を受けたと考えてください。

ペルソナ「最近パワハラっていろいろうるさくて・・・」

あなた「そうだね~」

ペルソナ「パワハラしたつもりなくてもパワハラって言われそうで怖いんだよ」

あなた「うんうん」

ペルソナ「どんなことに気をつければいいのかわからないんだよ」

あなた「それはね、まず高圧的な態度をやめたらいいみたいだよ」

ペルソナ「高圧的な態度?」

あなた「うん、みんなの前で怒鳴るとか、笑いものにするとか」

ペルソナ「へえ・・・」

あなた「あとは、相手の言い分をしっかり聞いてあげるとか」

こんな感じで、相手が何を知りたいかを考えてみます。上の会話を構成に落とし込むとしたら

注意ポイント① 高圧的な態度をやめる(500字)

人前で叱らない(250字)

相手の言い分をよく聞く(250字)

みたいな感じです。

こういった内容はググれば出てきますね。

どう書けばいいかわからないのは型が身に付いていないから

書く内容は決まっているけど、書き方がわからない。そんな人は型が身に付いていないのです。文章の型が身に付いていれば、どのような文章もスラスラ書くことができます。

例えばレビュー記事の場合は以下のような型があります。

・簡単な商品の説明

・その商品の押しポイント

・口コミ

・どんな人におすすめか

以上の型に当てはめて、メンソレータムのリップをレビューしてみます。

リップの代名詞、メンソレータム。リップと言えばこれという人も多いはず。(簡単な説明)

魅力はなんといっても、コストパフォーマンスが抜群な点です。(押しポイント)

口コミを見ていると、大量買いしてガンガン使っている人が多いようです。また、いろいろなリップを試してみたけどやっぱりこれに戻ってきたという声もちらほら。(口コミ)

リップクリーム選び初心者の方やコスパ重視の方におすすめです。(どんな人におすすめか)

こんな感じで、型が身に付いているとスラスラと文章が書けます。

【解決】同じような内容の記事を見て型を身につける

どのような文章にもある程度の型があります。

ランキング記事の型

・導入

・選び方

・ランキング

・まとめ

 

オピニオン記事(なにかを主張する記事)の型

・主張

・理由

・理由の根拠

・経験談

・反対意見を論破

・もう一度主張

こういった型を勉強するためには、同じような内容の記事を読んでみましょう

リップクリームランキング記事を書くなら、

リップクリーム おすすめ
検索
リップクリーム ランキング
検索
検索
 

でググってみましょう。

操作上でわからないことがあるならクライアントさんに聞く

書けない理由として、どう操作すればわからないということがあります。

・見出しをつける

・画像を挿入する

・カテゴリーを指定する

書く以外にもいろいろ面倒な操作がありますよね。

【解決】どうしてもわからなければクライアントさんに聞いてみよう

わからない時の対処方は次の通り

・マニュアルをもう一度読む

・ググる

・クライアントさんに聞く

多くの場合はマニュアルに答えがあるので、マニュアルをもう一度よく読みます。それでもわからなかったらググりましょう。

いろいろやったけど、どうしてもわからない・・・

そういう場合は最終的にクライアントさんに聞きます

クライアントさんもあまり暇ではないので、本当にどうしてもわからなかった場合だけにしましょう。

読む人の立場に立って考えよう

「書けない!」を解決するためには、以下のことが大切だと言いました。

・構成をしっかり作る

・ペルソナを明確にする

・文章の型を身につける

・わからないことはクライアントさんに聞く

でもこれは結局のところ、

読む人のためになる記事を書く

というところにつながるのです。

読む人の立場に立った記事を書くということを常に念頭に置いていれば、徐々に書けるようになりますよ。

コメント